. 当會之由来 .









 正式名は【五常會 惟神之道 武産合氣道】と謂います。
略して惟神之道 武産合氣會、武産合氣會五常會、或いは各支部において〜武産合氣會、及び武産合氣會〜とも標記します。
大阪府、福岡県、香川県、広島県、岡山県等に道場があります。

會長は丸林師範
幼少より、柔剣道・空手・居合等武道各種に通じられ、
二十代の頃から合氣道開祖植芝盛平翁(当時七十代前)に直接師事されました。
ついに希求する道に出会ったとの思いから、開祖に託された武産合氣を忠実に実践錬磨し、常に日之本の武道を通じて日之本を支える人材育成、及び日之本の発展興勢を主眼とされています。
五十代前半までは外洋航路貿易船の高級士官としての仕事の傍ら、各国で合氣道を披露されました。毎年半年ほどの帰国中には、首都圏の各道場、愛知及び大阪神戸の道場を指導され、その後郷里広島にて合気会広島県支部を設立する等草創期の芸備地域一円の合氣道振興に尽力してこられました。仕事柄、国内外世界各地での武勇談には枚挙に暇がありません。暴漢を取り抑える等は茶飯事、武術家その他から決闘を挑まれる等、正に実戦で磨かれた胆力と武士道精神を基にし、我々弟子達に下される御話並びに指導内容には凄味が溢れています。正に日本武道の誇りを口先だけではなく自ら身を以て支えてこられたと我々は承っています。
合気会広島県支部長及び五常会会長就任の後、現在は武産合氣會會主並びに本部道場神明館館長として合氣道の理念を指導されています。

合氣道の結晶、エッセンスといえる武産合氣は原始神道を源に古事記を標にし、人の道を説きます。
嘗て我等の祖先はこの災いも多いが、稔りも多い、美しい水の國と、時には戦い、宥め、慈しんで来ました。今を生きる我々の道も祖先によって刻まれた道です。決して武術、格闘技ではありません。太古より日之本に生きる人々の往く道を示すのが武産合氣に他なりません。

武術はともすれば競技や型に目を奪われ易いものですが、それらと実践は全く異なります。
武産合氣の美しい姿は修行と実践によって育まれたものです。

我々の真はまず、各道場を訪問されて体験下さい。

表紙へ戻る

合氣道問答集
総合案内
武産合氣の人
合気道の真を貫きます
師範船乗り時代 昭和45年船上にて
師範模範体術 平成16年